<植木屋>たいきちの日記

■■■<植木屋>たいきちの日記■■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨がすごくて

ここ最近雨が酷い。
現場は屋根の下とはいえ、雨が強すぎるので
やっぱ中まで吹き付けてくるし
大丈夫なんだろうかと心配してしまう...


生コンがはいりました。
朝からミキサー車出現で圧倒されました。
20080830104724.jpg



予算と相談しながら細かい機材回りを考える。
どんな細かいものでも、上を見たらキリが無い...
ケーブル関係が読めないんだよなぁ
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 09:28:38|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじまった

朝、出勤する時は昨日の写真の通りだったけど、
帰宅時には
20080828173844.jpg
このように

写真の右奥が録音ブース
左がコントロールルームになるのねwww

明日やる予定だった作業も、今日既に終わってしまったとの事。
明日は職人さんは来ないらしい。
早い!

それにしても、雨がすごい。
大丈夫だろうか...
少し雨脚弱まったらちょっと見に行ってみようかな...
  1. 2008/08/28(木) 21:01:07|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日着工

明日からスタジオ着工です。
さあ
20080827174147.jpg
ここが変身していきます。
天気が気になる。。。

部屋の色で今悩み中
  1. 2008/08/27(水) 19:57:31|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついに調印

今月に入ってから、1週間に1回は打ち合わせしてる。
そして、ついに今日はAEさんと正式に契約を交わした。
会社から帰ると、既にI氏とK氏、大工さんが現場を見ていた。
軽く挨拶をして、打ち合わせに望んだ。
始めに着工日と手付金の確認をして、捺印した。
う~ん、ますます現実のものになってきた。

もともと用意できた予算もそれ程多くないので
どこに重点を置くかとか、散々相談させてもらって
ようやく8割方決まってきた。
今日の今日まで悩んでたのがノイズカットトランス。
200V→100V、120Vに変換するダウントランスなんだけど、
機材関係の予算を残すとなると、このトランスを入れるかどうかで
機材が変わってくる。
もちろん200Vの電源は引いてあるので、いずれ導入は可能なんだけど。。。

電源関係のことを詳しく教えてもらって、結局トランスは見送った。
一般的に、家庭で使っている電気って100Vととはいうものの、
95V~105Vくらいの間でフラフラしてるってのは前から知ってて、
だからそれを100Vで安定させるために、ステップダウントランスが要るんだと思ってた。
コレって間違いじゃないけど、正確には200Vも結局はフラフラしてるので、
それの半分だから100Vにしたときにフラフラのふり幅が小さくなるよって事らしい。
つまり、安定させたければ安定化電源を導入しなさいって事でした。
それは後々導入するよ...
  1. 2008/08/25(月) 22:46:32|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大掃除

今日は午前中、両親、弟、嫁に手伝ってもらって
スタジオ予定地の車庫と物置の大掃除をしました。
全員マスクして重装備 笑

28日着工予定なので、もうこの休みしか無いのでKIAIで綺麗にしました。
皆感謝。
  1. 2008/08/23(土) 19:35:05|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ

スタジオ建設着工が来週始まります。
今の外観
外観
この車庫部分がスタジオに変わります。
さてさて、どうなるでしょう。楽しみですwww
  1. 2008/08/21(木) 23:24:21|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

機材のこと2

やはり、二転三転しておりまする。
当初の予定よりも機材にまわせる予算がなくなった事、
百聞は一聴にしかずで考えが変わった事。
色々ありますが、鉄板だったところは変わらず。

THE LIQUID CHANNELは中古でいい値段で出たのを即買いしました。
liquid channel

前オーナーも知ってる人だったので安心。
...しかし、買って帰って早速試してみると、
「音が出ない」
詳しく言うと、マイク入力を認識してない...!
販売店に連絡をして、確認してもらいました。
修理だそうで。
高いものだし、かなり動揺したけど
対応は丁寧でよかった。治ってくるまで店頭のを
代わりに使ってくれとのこと。
1週間くらいで治ってきた。早い!
現在は元気に稼動してくれてます。
やっぱり、借り物だと思う存分は使い倒せないからね。。。精神的にwww

音はいいですよ?ヴィンテージのエミュレーションっつって、
全ての実機の音聴いたことある訳じゃないけど、どれも良い音だと思った。
実際目の前に実機があったら気持ち的に実機のがいいって感じるだろうけど、
オケ中で混ざってたら問題ぜんぜん無いでしょ。

予算の関係でギター録音の為のマイクプリは我慢の方向になりそう。。。
BrentAverillのClassic 1272はあきらめた。確実に。
価格的なことと実力でChameleon Labs Model 7602(これが気になってる)
まで手が届けばいいなぁ。


オーディオインターフェース

RME FIRE FACE800
鉄板揺るがず。まだ入手してない。
基本的にスタジオが完成間近になったら一気購入だけど、
その前にセール等あればそこで個別に即決する予定。
Windowsベースでの制作環境だと、音が良くてコストパフォーマンスも良いのはコレみたい。
Lynxはコスト的にNG。
WindowsでもAPOGEE ROSETTAをAD/DAとして、デジタルで適当なI/O繋いでという方も
いらっしゃるみたいだけど、コレもコスト的に辛い。
一番の理由はやはりRMEは自分で使ったことがあるから、安心感があるってことね。

モニタースピーカー

blue sky sky system one
これ、まだ未知数。実際聴いてないからなぁ。
でも情報を集めてると、ラージモニターの代わりになるのは
コレくらいしか該当しないように思ってる。
低音を考えた時にサブウーハーってのはアリでしょ。
もともと純正で2.1のシステムってのもいいしね。
  1. 2008/08/19(火) 22:18:45|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月着工を目指す

新築2世帯の間取りも紆余曲折しながら、大分まとまりかけている。
10月~11月着工を目標に打合せはちょくちょく行なってる。

スタジオの建設は新築の着工前に終える必要があるので、
まさに今、打合せの佳境です。
着工すれば大体1ヶ月もあれば出来ちゃうらしい。

第一段階の設計図が送られてきた時は心躍りましたよwww
俺のスタジオじゃ!!ってwww
コントロールルーム約10帖。
録音ブース約4帖。

当初ろくに予算も決まってないまま「ただ、建てる!」と
意気込んでいたのが、打合せが進んでいくにつれ現実を見始める。

まず、スタジオは車庫兼物置の車庫部分を改築する。
建物自体、しっかりしているけど住宅ではないので壁は当然薄い。
更に天井はスタジオとしてはあまり高くない。
天井上げるなら、屋根外さないと出来ないらしい。
それやったら予想以上に大工事に発展してしまう。
高さは、スタジオとして致命的なレベルではないとアドバイスされたので
少々予想より低いけどこのまま進めることにした。

予算を決めていなかったのもあるけど、
一番初めの見積もりは軽く予想を上まっていた。。。
もちろん予算が決っていなかった為に、
「もし、ここに商用スタジオをつくるなら」の見積もりだった。
この時点で、嫁の笑顔が怖くなってきた。
ワイヤリング等の関係上、初めから揃えたい機材もあるので
ここで、現実的なラインを見つつ見積書とにらめっこした。
専門用語等解らないながらも、じっくり見ていると色々見えてくる事もある。
だからといって、結局は素人考えなので細かいところは相談させてもらうつもりで。

まず壁が薄いので、十分な遮音防音の為に浮き床構造にする。(部屋の中に部屋を天井から吊る感覚?)
それと遮音防音の為に十分な壁の工事。
見積もりの半分はこのような基礎関係の施行だった。
AEさんとの2回目の打合せ時に、用意できる予算と頂いた設計図を基に
どこまでスタジオの性能を落としていけるかというのが議題に。

通常、商用スタジオの遮音性能は「D'70」くらいらしい。
ウチの周りは幸い住宅密集地ではないので、そこまでの性能は正直要らないと思うと
アドバイスをいただいた。
録音ブースはガッチリやっておいて、コントロールルームは「D'45」くらいでも
いいのでは?と。
確かに、ラージモニターを導入するわけではないので、爆音って言っても
たかが知れているし。そこは落としましょう、と。
更に、ロビーからコントロールルームの入り口と、
コントロールルームから録音ブースの入り口に重厚な鉄扉という設計も、
ブースのみ鉄扉でコントロールルーム入り口は木製防音扉に変更。
この鉄扉、一枚数十万円~という代物なので、ここでも相当なコストを下げることに成功。

後、電源周り。
気になる場合、後からでも出来ることとして、
ノイズカットトランスの導入を断念。
今のところそこまでシビアになることもないかな、と。
ここでも少しコスト落とせた。
それならその分のお金を他の電源周り(安定化電源とかね)にまわそうと。

コストコストというけれど、せっかくのスタジオ。ただ性能を落とすのではなく
本当に必要なものはどれで、どれが削れる(もしくは後に回せる)のかを吟味してます。

だって、機材関係はまだ他に出費があるし、ケーブル、スタンド類、
更にはコントロールルームの机、ソファ等、まだまだあるんよ。
  1. 2008/08/19(火) 22:16:12|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

たいきち

Author:たいきち
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。